絵本工房~タヌキ本舗~
イラストや絵本などを中心にupしていきます☆

カテゴリ

イラスト (28)
イラスト《ねずみ》 (6)
イラスト《人間》 (11)
イラスト(言葉つき) (28)
イラスト《ハムスター》 (6)
イラスト《ネコ》 (12)
イラスト《不思議系》 (12)
イラスト《ウサギ》 (3)
イラスト《タヌキ》 (5)
イラスト《〇〇と〇〇の関係》 (4)
イラスト《空を飛ぶ方法》 (3)
《絵本》 ウサギのプエル (6)
《絵本》ネズミとオオカミ (4)
《絵本》ネズミとピヨ (5)
《絵本》タヌキ財団 (18)
《絵本》プエルとオーマ (26)
《絵本》タヌキ財団~人助け編~ (17)
《絵本》プエル2~シロモグとクロモグのお話~ (14)
《絵本》穴ほりネズミのお話 (5)
《絵本》タヌキ財団 ~こたぬきの水晶編~ (8)
《絵本》クマのムーちゃん (5)
《絵本》うさぎとたぬきの冒険 (6)
《コマ漫画》子リスの話 (3)
《コマ漫画》こたぬきのお話 (3)
《コマ漫画》こたぬきのお話(ショート) 第2部 (6)
《絵本》欠けた階段  (7)
創作 (3)
年賀状イラスト (7)
夢の話 (3)
☆ヨガ☆ (2)
未分類 (9)
アライグマのお医者さん (1)
《短編漫画》アライグマのお医者さん (4)
年賀状イラスト《うさぎ》 (9)
《絵本》穴ほりネズミのお話~宝石みつけた~ (7)
年賀状イラスト《たつ》 (6)
年賀イラスト【巳】 (4)
年賀状イラスト 《うま》 (1)

プロフィール

こたぬきA

Author:こたぬきA
基本的にマイペースなこたぬきAです(ФÅФ)
よろしくです。

気軽にコメントとかしてもらえるとありがたいです(・ω・)♪
※スパム対策のため、コメントの反映は管理人の承認後となります。


オリジナルのイラスト・童話などをやっていきます☆
はじめての方も、そうでない方もゆっくり楽しんでって頂ければ幸いです(・ω・)゛

アクセスカウンタ

     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

☆アルバム☆

メールフォーム

記事へのコメント以外で御用のある方はこちら↓のメールフォームをお使いください(^ω^)

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
プエルとオーマ1

以前、書いたお話の【うさぎのプエル】のお話のリメイク(?)バージョンです♪

新しいキャラクター≪オーマ≫が加わって、ちょっとだけ前より大人向けに作成してみました(・ω・)


それでは、はじまりはじまり~☆



【プエルとオーマ】

1.出会い


「は~、腹減ったよ~。」

夕日も隠れて暗くなり始めた森の中で誰かがつぶやいた。

「こんなとこ来るんじゃなかったよ。もっとヒトがいっぱいいるとこなら食べ物がたくさんあったのに。」
そういうとまたお腹がなった。

「暗くなってきたし、怖いのヤダし。」

そいつはくんくん辺りの匂いをかいで、食べ物を探していた。

「ん!?あっちからうまそうな匂いがする!!」

背中からにゅっと黒い羽がでたと思うとパタパタと匂いのほうに飛んでいく。まだ生え始めだが二本の角と牙、しっぽも生えてる。なんとこいつは子供の“アクマ”。

プエルとオーマ1


アクマの食べ物は誰が困ること。
そのヒトが困れば困るほどモヤモヤがモコモコと体から出てくる。それが彼らにとってのご馳走なのだ。

プエルとオーマ2



                ☆つづく☆



今日はここまで~♪ お話のペースは前回の【タヌキ財団】くらいでUPしていこうと思います。(・ω・)


スポンサーサイト
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエルとオーマ2
 つづき↓



みると家がある。窓にほおづえをつき一匹のうさぎが空をみあげている。
そしてため息をひとつ。

「うまくいかないな~、どうすればいいんだろ。天使でもきて助けてくれないかな。」

アクマはニヤっと笑った。

「あいつ悩んでるな。あいつをもっと困らせればお腹もいっぱいになりそう。天使に来てほしいだって?オレじゃだめかな?」

さすがにアクマとわっかたら近づくこともできない。

それじゃご飯が食べられない。

天使ならあいつに近づいて困った時にでるモコモコを食べても大丈夫なわけだ。さすがにお腹が減りすぎて限界だ。

慎重に慎重に・・・。

プエルとオーマ3

天使は見たことがなかったけど、たぶん角はない。

しっぽも無い気がする…。

そこでアクマはがんばって角をひっこめてみた。しっぽも引っ込めようとしたけどうまくいかなくて、短くなっただけだった。

なんかすごく変な感じ!

気をぬくとすぐ出てきちゃうし。それにお腹が減りすぎてふらふらも限界。
でもあのうさぎを困らせるためだ。がまんがまん。

だいぶ天使らしくなったとアクマは思った。


プエルとオーマ4



                    ☆つづく☆
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエルとオーマ3
   つづきです↓↓



パタパタ(フラフラ)飛んでうさぎに近づきなんとかこういった。

「おまえ、悩んでるだろ。おれ天使。手伝って・・・・やる・・・。」

といい終えたところでアクマはふらふらと倒れてしまった。お腹が減りすぎて限界だったのだ。


プエルとオーマ5


「だいじょうぶ!?大変だ!」

プエルはあわてて外に飛び出しアクマを抱えて家に入ってベッドに寝かせてあげた。

「僕はうさぎのプエル。君名前は?どこか痛いところでもあるの?」


アクマはこう答えた。「オレ、アク・・じゃなく天使のオーマ。すごく腹がへっちゃって。」

「お腹がすいたの?じゃすぐになにか作ってあげるよ。でもオーマは何を食べるの?」

オーマの食べ物は誰かの困ってる時にでるモコモコ。
でもそんなことは言えない。

だからオーマはこう言った。


「オレたち天使は肉しか食わないんだ。それもすごく大きい象の肉。お願いだよ。」


プエルとオーマ6


                     ☆つづく★
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエルとオーマ4
 つづきです↓


プエルは困った。

肉なんてうさぎのプエルの家にはない。

それも象だって?絵本でしか見たことないよ。


アクマの眼にはプエルの周りにもやもやとワタアメのように何かが出てくるのがみえる。


プエルとオーマ7


しめしめ。
プエルがああでもないこうでもないと悩んでいるすきにそのモヤをちぎってアクマは食べた。

久しぶりのご飯。

とってもうまい!

ばれないようにもう少し…。ちょっと困らせただけでこんなにおいしいんだからもっともっと困らせたらどんなにおいしいだろう。オーマはプエルを選んでなんてラッキーだったろうと思った。


プエルとオーマ8



                            ☆つづく★
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエルとオーマ5
今日は一枚だけですが(≧Å≦;)

 つづきです↓


ひとしきり食べお腹もいっぱいになったころプエルが振り向いてこういった。

「やっぱり象の肉なんてむりだよ。他のものでがまんしてよ。それよりオーマはほんとに天使?なんか違うような…。」

オーマはドキッとした。

「天使だって!だって角なんてないし、空飛べるし。しっぽはあるけど・・。」

プエルはジロ~っとオーマをみた。


たしか天使ってのは頭の上に輪っかがあって、白い羽があって子供のうさぎの姿のはず。
でもオーマには輪っかがないし、牙があるし、とがったしっぽまである。うさぎじゃないし!どちらかといえばアクマっぽい…。

プエルとオーマ9



           ☆つづく★
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエルとオーマ6
 つづき↓↓




「オーマって頭の上の輪っかどうしたの?天使にはあるじゃない。それにアクマに似てる気がするんだけど・・・。」


オーマは思った。


“輪っかってなに?

天使ってそんなもの頭の上にあるの?

知らなかった・・。”


「あ~、あれ?さっき落としちゃって。よく落とすんだよね。でもアクマじゃないよ!ほら、角がないじゃん!」

たしかに角はない。

「疑ったりしてごめんね。じゃオーマはほんとの天使なんだね!やった~。ぼくちょうど悩んでたんだ。」

オーマはほっとした。

「その悩み詳しく聞かせてみなって。オレが手伝ってやるから。」

オーマは笑いそうになるのをこらえていた。ホントはもっともっと困らせてやろうと思っているからだ。


プエルとオーマ10



「ぼく好きな子ができたんだ。でもその子はすごく遠くにいて話すこともできないんだ。」

プエルの耳がうなだれる。

「遠くっていったいどこ?」


プエルは窓から空を見上げていった。「月だよ。」


「月!?」オーマはおもわず吹き出すところだった。

月ほど遠かったらオーマが困らせる必要は無い。会えるはずが無い。

でも、まあしばらくそばにいるためにも手伝うふりくらいはするか、とオーマは思った。

「いったいどんなうさぎ?」

オーマとプエルは窓から空を見上げた。

月は満月でちょうど空のてっぺんに昇ったところだ。
草の匂いと夜の匂い。
わずかな風とわずかな音。

白銀というにぴったりのやわらかな月の光。あまりにきれいな月の光は触れれば絹のような手触りがするようだ。

そして月の中にはプエルが好きになったうさぎがいた。

白い光の中に毛は包まれているようにみえる。
赤い眼が印象的だ。

なるほど、ひとめぼれもするわけだ、とオーマは思った。

「ねえオーマ、ぼくどうしたらいいかな?どうしたらあの子に逢えるかな?」プエルは真剣だ。

プエルとオーマ11




                ☆つづく☆
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエルとオーマ7
 つづきです↓



「月に行きたいならやっぱり高い所に登るのが早いんじゃないか?この森で一番高いとこってどこ?」

オーマは聞いた。

「たぶん虹の橋だと思う。そこからジャンプすれば届くかな?」

「プエルはうさぎだろ?思いっきり飛べばきっといけるさ。」

オーマはそう答えたが実際はそう思っていなかった。
クスクス、届くはずないじゃん!プエルは失敗すればきっとすごく困るぞ。
そしたらお腹いっぱいごはんが食べられる。

オーマはクスクス笑いを隠すのに必死だ。

プエルとオーマ12


「そ~だプエル。お前の耳でかいじゃん!その耳で空飛べるんじゃない!?動かしてみろって。」

オーマはおもしろ半分でプエルに言ってみた。

「飛べるかな?やってみる!」プエルは素直だ。

オーマを疑いもせず耳を動かそうとする。
「う~~~!!」プエルは思いっきり耳で羽ばたこうとする。

でも耳はぴくぴく動くだけだ。

「そうじゃないって、こうだよこう。」オーマは得意げに自分の羽をパタパタさせる。

「こう~~?」プエルもやるがやっぱり耳がぴくぴくするだけ。

「やっぱりムリか。耳だしな。それより急いで虹の橋にいくぞ!夜しか月に行けないだろ。」

プエルはまだ必死に飛ぼうとしていた。ジャンプして耳を動かしていたがあきらめて虹の橋に行くことにした。

プエルとオーマ13



    ☆つづく☆
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエルとオーマ8
 つづき↓



かばんに二本ニンジンを入れて、鏡で毛並みを整えた。

あっ!歯も磨かなきゃ!男の子は身だしなみ!

プエルとオーマ14


虹の橋は前にフクロウ爺さんに連れて行ってもらったことがある。

プエルはフクロウ爺さんのことが大好きだった。プエルの知らないことをたくさん教えてくれるし、知らないところにつれていってくれるから。

プエルとオーマ15



                       ☆つづく☆
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエルとオーマ9
 つづき↓



虹の橋は森の南にある。

でも少しだけ遠いのだ。それに今は夜。月が出ていても森の中はきっと真っ暗。

ランプに火をつけてマッチも持った。ちょっと怖いけどオーマもいるし、なによりあの子に会うためだ!こんなことでくじけるわけにはいかない。

よしっ、と気合をいれるとプエルは夜の森へと出発した。


プエルとオーマ16



オーマも後ろからパタパタ飛びながらついてきた。

でもどこかきょろきょろして落ち着かない。

オーマはアクマのくせに暗いのとか怖いのが大の苦手なのだ。
ちょっとした物音にもびっくりしてしまう。プエルはそんなことに気づかずランプを頼りに道を進む。


プエルとオーマ17


      ☆つづく★
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエルとオーマ10
 つづき↓↓



思ったとおり森の中は真っ暗で、し~んと静まり返っている。

聞こえるのは風に吹かれる木々の音くらい。

オーマはプエルからはぐれないように必死だ。


プエルとオーマ18



そのとき急にガサガサっと音がした。

木の枝の近くで何かが光った!

暗闇にキラッと光る二つの光。


光がす~っとこっちに迫ってくる!!


プエルとオーマ19


      ☆つづく★


   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

copyright 2005-2007 絵本工房~タヌキ本舗~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。