絵本工房~タヌキ本舗~
イラストや絵本などを中心にupしていきます☆

カテゴリ

イラスト (28)
イラスト《ねずみ》 (6)
イラスト《人間》 (11)
イラスト(言葉つき) (28)
イラスト《ハムスター》 (6)
イラスト《ネコ》 (12)
イラスト《不思議系》 (12)
イラスト《ウサギ》 (3)
イラスト《タヌキ》 (5)
イラスト《〇〇と〇〇の関係》 (4)
イラスト《空を飛ぶ方法》 (3)
《絵本》 ウサギのプエル (6)
《絵本》ネズミとオオカミ (4)
《絵本》ネズミとピヨ (5)
《絵本》タヌキ財団 (18)
《絵本》プエルとオーマ (26)
《絵本》タヌキ財団~人助け編~ (17)
《絵本》プエル2~シロモグとクロモグのお話~ (14)
《絵本》穴ほりネズミのお話 (5)
《絵本》タヌキ財団 ~こたぬきの水晶編~ (8)
《絵本》クマのムーちゃん (5)
《絵本》うさぎとたぬきの冒険 (6)
《コマ漫画》子リスの話 (3)
《コマ漫画》こたぬきのお話 (3)
《コマ漫画》こたぬきのお話(ショート) 第2部 (6)
《絵本》欠けた階段  (7)
創作 (3)
年賀状イラスト (7)
夢の話 (3)
☆ヨガ☆ (2)
未分類 (9)
アライグマのお医者さん (1)
《短編漫画》アライグマのお医者さん (4)
年賀状イラスト《うさぎ》 (9)
《絵本》穴ほりネズミのお話~宝石みつけた~ (7)
年賀状イラスト《たつ》 (6)
年賀イラスト【巳】 (4)
年賀状イラスト 《うま》 (1)

プロフィール

こたぬきA

Author:こたぬきA
基本的にマイペースなこたぬきAです(ФÅФ)
よろしくです。

気軽にコメントとかしてもらえるとありがたいです(・ω・)♪
※スパム対策のため、コメントの反映は管理人の承認後となります。


オリジナルのイラスト・童話などをやっていきます☆
はじめての方も、そうでない方もゆっくり楽しんでって頂ければ幸いです(・ω・)゛

アクセスカウンタ

     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

☆アルバム☆

メールフォーム

記事へのコメント以外で御用のある方はこちら↓のメールフォームをお使いください(^ω^)

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
プエルとオーマ2 ~シロモグとクロモグのお話~
はいっ!本日よりプエルとオーマの続編、[シロモグとクロモグ]
はじまりです(^ω^)




[プエルとオーマ~シロモグとクロモグ~




プエルは今日も空を見上げていた。

「またメルに会いたいな・・・」


モグ1


オーマにお願いすればいいのだけれど、オーマも疲れちゃうからそんなにお願いも出来ない。

それにオーマはプエルの家にある調理器具に夢中だ。

いつもはそのまま食べている“困ったときのモコモコ”を炒めたらどうなるのか?

はたまた茹でたらいったい・・・。

そんなことを考え、「ハア~」、「ヘエ~」とフライパンやなんかを見ながら目をキラキラ輝かせていた。

モグ2

今夜も月が綺麗に見える。

それだけでも幸せだと思わなくっちゃ。

ボーっと月を見上げていると大きな雲が目に入った。月明かりに照らされた真っ黒で大きな雲。

ゆっくりと流れている。


「邪魔な雲だなぁ。月が隠れちゃうじゃないか。」

そんなプエルの声はもちろん聞こえず、雲はゆっくりゆっくり流れ、月に近づいていく。

モグ3


そして、月が隠れそうになった時、雲にギョロっと目が出た。

そしてゆっくりと大きく口を開けたではないか。

「えっ!?」

プエルは目を疑った。その瞬間、

パクン

と雲が月を食べてしまったのだ。

モグ4.5




           ☆つづく☆
スポンサーサイト
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエル ~シロモグとクロモグのお話2~
  つづき↓↓


「わ~!!オーマ!オーマ!大変だ!月が食べられちゃったよ!」

バタバタとプエルはオーマを呼んだ。

「月が食べられた!?そんなわけ無いじゃん」

オーマも空を見てみた。

雲がゆっくりと流れている。
確に月は見えないが雲に隠れているのだろう。そう思った。

「あの雲が食べちゃったんだ!」

「そんなわけない・・」

そうオーマが言おうとした時、雲の目がまたギョロっと出てプエル達を見た。

そしてまた目をつむりゆっくりと流れていった。

びっくりして二人とも声が出なかった。


モグ5




大きな大きな雲がゆっくりと流れていくと月がまた顔を出した。

「月だ!よかった~!」

プエルは心底ほっとした。

でもあの目はなんだったんだろう。
それに口を開けるところだってしっかりと見たのだ。


プエルがほっとしているとオーマがあることに気がついた。

「あれ?ねえプエル、なんだか少し月が暗くなってない?」

プエルも月を見てみた。
言われてみれば確かに少し暗くなっている!

大変だ!もしあの雲がまた明日月をパクっと食べてしまったらもっと月が暗くなってしまうかもしれない。

そしていつかなくなってしまうんじゃないか、プエルは心配した。

そう思うと、いてもたってもいられなくなりプエルたちはフクロウ爺さんに相談しに行くことにした。

モグ6


        ☆つづく★

   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエル2 ~シロモグとクロモグのお話3~
  つづき↓↓


「フクロウ爺さん、さっきね、ヘンな雲を見たんだ。」

あわててしゃべるプエル。
その横ではオーマが、“困ったときにでるモコモコ”をちぎっては食べ、ちぎっては食べしている。

もぐ7

プエルが一通り話し終えるとフクロウ爺さんが言った。

「ふむふむ、ヘンな雲が空に現れ、月をパクッと食べてしまったと。そうしたら月がすこ―し暗くなってしまったわけじゃな。」

「そうなんだ、ボク心配で心配で。」

「それはなプエル、雲ではないかもしれないよ。」

「雲じゃない?」

「そう、雲じゃない。それはきっとクロモグじゃよ」

「クロモグ!?」
プエルとオーマが聞き返した。


「そうじゃクロモグじゃ。クロモグはそんなに珍しいものじゃない。その辺にもきっとおるじゃろう。ただ真っ黒だからなかなか見えないだけじゃ。じゃが変じゃなぁ。」

「その辺にもいるの!?ぼく初めて見たよ。」

「じゃが変なのじゃよ。クロモグは光など食べないはずなのじゃが。」

「クロモグが光を食べない?それじゃあ何を食べるの?」


もぐ8


      ☆つづく★
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエル2 ~シロモグとクロモグのお話4~
   つづき↓↓



「闇じゃよ。クロモグは闇を食べるのじゃ。プエルは何でこの世界が明るくなったり、暗くなったりするか分かるかい?」

フクロウ爺さんが聞いた。


「そんなの知ってるよ。太陽があるからでしょ?」

プエルじゃなくオーマが答えた。


もぐ9


「それもある。じゃが、それだけじゃない。それはクロモグとシロモグがいるからじゃよ。」

「どういうこと?」

プエルとオーマは、もうフクロウ爺さんの話に夢中だ。

「それはじゃな、夜になるとクロモグがふわふわと現れ、闇を食べるのじゃ。

クロモグが闇を食べると世界が少しずつ明るくなる。

そして朝が来るとクロモグは眠りにつく。すると今度はシロモグが目を覚ます。

シロモグは反対に光を食べる。

すると今度は少しずつ暗くなりついには夜になる。

こんな具合でシロモグとクロモグが光と闇を食べることで世界は昼と夜を絶え間なく繰り返しているのじゃ。」

「へ~」
「へ~」
プエルとオーマがほとんど同時に口を開く。


もぐ10


    ☆つづく★
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエル2 ~シロモグとクロモグのお話5~
つづき↓↓



「でも今度のクロモグは光を食べてたよ。あれじゃ世界はどんどん暗くなってずうっと闇のままになっちゃうよ!」

「そこがおかしなところじゃ。きっと何者かがクロモグに何かマジナイをかけたのじゃろう。誰かがずうっと世界を闇のままにしたいがために。」

「どうすればいいのフクロウ爺さん。このままじゃメルに会えなくなっちゃうよ!」

「そうじゃのう。やはりマジナイのことはマジナイ士に聞くしかあるまい。森の魔女、猫のベヨネッタに会うしかあるまい。」

もぐ11


オーマ、プエル、フクロウ爺さんはマジナイ士の家に向かった。

「マージナーイシさ~ん!!」

オーマが家の前から大きな声で呼んだ。

「ベヨネッタ、夜遅くにすまんが頼みたいことがあるのじゃ。」

フクロウ爺さんがノックしながら言った。
すると扉が開き、猫のベヨネッタが出てきた。


「あら、フクロウ爺、こんばんは。それに・・、小さなウサギさんと、あなたは・・・。」

ベヨネッタはスラリとした細い体と碧い眼が印象的な猫だった。

「こんばんは。ボクウサギのプエルです。」
プエルがペコッとお辞儀をした。

「えーっと、ボク・・オーマ。よろしく。」
オーマはアクマと言うわけにもいかずもじもじとした。

「そう・・。キミたちは・・・。それで、何か御用?」
ベヨネッタはオーマたちをちらりと見ると何か言いかけたが、すぐにフクロウ爺さんに問いかけた。

もぐ12




     ☆つづく☆

   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエル2 ~シロモグとクロモグのお話6~
つづき↓↓


「ベヨネッタさん。クロモグって知ってます?そのクロモグが闇じゃなくて、光を食べてしまうようになったみたいで・・・そしたら世界がどんどん暗くなって、それで、月が見えなくなっちゃうんじゃないかってボク心配で!」

プエルは精いっぱい訴えた。

「ふぅん、クロモグねぇ。闇を食べるクロモグ、光を食べるシロモグ。夜に動くクロモグ、昼に動くシロモグ。この世の光と闇の調整役。」

ベヨネッタはキセルを吸うとフゥーと吐き出した。

フクロウ爺さんが今までのいきさつを詳しく話してくれた。


「クロモグが闇でなく、光を食べるということは誰かが何か目的があって魔法か何かをかけたって事ね。つまりそれは誰かの願い。あなたに願いがあるように、その誰かにも願いがある。クロモグのマジナイを解くという事は誰かの願いを壊すこと。」

誰かの願い?
願い。ボクがメルに会いたいと願うように誰かも強い想いがあってクロモグを操っているのかもしれない。それを壊してもいいものか?プエルはほんの少しだけ迷った。


「誰かの願いを壊すこと。そうなってもいい?よく考えてから答えをちょうだい。」

ベヨネッタの碧い眼がまっすぐプエルを見つめる。

もぐ13

     
      ☆つづく★
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエル2 ~シロモグとクロモグのお話7~
つづき↓↓


「でも・・・、でも、みんなに迷惑をかけるのは良くないことだと思う。」

「“みんな”じゃない。“あなた”がどうかよ。誰かの願いを壊すことは罪なこと。“あなた”はその責任を負えるかしら。」

誰かの願いを壊す・・・。そこまで深くは考えていなかった。そして、誰かの願いを壊せばその“誰か”もまた悲しむのだろうか。

それでも・・・。

「それでもボクは、メルに会いたい!」
メルと共に、そのためならば生きていける。そのために生きている。

「そう。」

ベヨネッタはすぅっと目を閉じプエルに背を向けた。そして静かにこう言った。

「それじゃまた明日、夜にいらっしゃい。」

もぐ14

    ☆つづく☆



ということで、第一章おわりです(笑)
まだつづくんですが、第二章のはじめのほうしかまだ文章にしてないので、とりあえずここまでで次回からは少しの間またイラストなどをupします(・ω・;)読んでくださってるみなさんすいません(≧ω≦;)

   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエルとオーマ2 ~シロモグとクロモグのお話8~
本日より復活です!(^ω^)

前回のお話の内容を忘れた方・初めて見るよって方はカテゴリーの
“プエル2~シロモグとクロモグのお話~ ”から読んでみてください♪



つづき↓↓


プエルたちが帰った後、ベヨネッタは独りになった部屋で窓を開け、キセルを深く、深く吸った。

そしてゆっくり煙を吐き出した。

月を静かに見つめるベヨネッタ。

「願いを乗せて飛ぶクロモグ・・・。」
夜の闇を飛ぶクロモグ。

今夜も誰かの願いをのせて。


もぐ15


翌日の夜、プエルはまた空を見上げていた。

ベヨネッタが何とかしてくれたのか気になって仕方が無かった。

だが、クロモグは今夜も現れ、そしてまた月を食べていってしまった。

また少し暗くなった月。

「オーマ!またクロモグだ!!ベヨネッタさんのところに早く行かなきゃ!」


焦るプエル。

そんなプエルにベヨネッタはこう言った。

「大丈夫。私が策を練っているわ。それにクロモグは全ての光を食べるわけじゃないわ。少しづつ食べるのよ。あと7日は大丈夫。また明日来なさい。」

次の夜も、その次の夜もクロモグは現れ続け、月は少しづつ暗くなっていく。

それでもベヨネッタは「大丈夫、また明日来なさい」そう繰り返すだけだった。

もぐ16

                        ☆つづく★
   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエル2 ~シロモグとクロモグのお話9~
つづき↓↓

そして6日目の夜、月はもうほとんど見えなくなっていた。

そして夜は月のほかに輝くものは無く、日中もいつもよりずうっと暗くなってしまった。

もうプエルは我慢できなかった。

「ベヨネッタさん!クロモグはずっと光を食べてるじゃないか!いつになったらクロモグは元に戻るの!?月が消えちゃうよ!!」
プエルが叫ぶ。

「ごめんねプエル。私も困っているのよ。」

もう月は消え、昼も暗くなり、闇の世界になってしまうのか。プエルは張り裂けそうな心を、そしてこの状況をどうしていいのか分からなかった。

ただ涙を流すしかないようにも思えた。

「プエル、本当にごめんなさい。でも私もがんばるから、また明日いらっしゃい。」

ベヨネッタはいつものようにそう言った。

プエルがとぼとぼと帰る中、オーマが言った。



「ねえプエル、あのマジナイ士ウソついてるよ。」



うなだれたプエルの耳がピクッと動いた。

もぐ17 。


     ☆つづく★

   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プエル2 ~シロモグとクロモグのお話10~
   つづき↓↓


「ウソ?」

「そう、ウソ。」

プエルの目に少しだけ希望が輝いた。

「どんなウソ!?」

「困ってるってウソ。だってぜんぜん困ったときにでるモコモコが出てなかったもん。これっぽっちもね。」

ベヨネッタは困ってない。ってことはどうゆうことなんだろう。ベヨネッタは世界が闇になっても困らないってことだ。

もぐ18


プエルはフクロウ爺さんに相談した。

「マジナイをかけられる者はそうおらん。今夜、ベヨネッタの家を見張ってみるか。何か分かるかもしれん。」

プエル、オーマ、フクロウ爺さんはベヨネッタの家の周りからこっそりと様子をうかがった。

するとベヨネッタが窓から顔を出した。
そして深くキセルを吸い、ふぅ~っと息を吐き出すと、なんと、クロモグが現れたのだ。

クロモグは毎日光を食べ続けたためかとても大きくなっていた。

「クロモグだ!あんなに大きくなって・・。今夜で7日目なんだ。月が食べられちゃう!」

プエルは走り出した。

もぐ19


   ↓↓ 面白かった♪と思ったらポチリとやってくれると嬉しいです(^ω^*)                                           にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

copyright 2005-2007 絵本工房~タヌキ本舗~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。